歯科医院 浦河町 訪問診療 夜間診療 バリアフリー 駐車場完備

定期通院

文字サイズ:

堤田歯科医院
  
  浦河郡浦河町大通3丁目15-1
  TEL:0146-22-2056 FAX:0146-22-6480

定期通院 ― 歯と全身の健康のために

1.「定期通院」って何?

これまでは、歯が痛くなってから歯科医院へ行くのが一般的でした。
しかし最近では、痛くなる前に歯科医院を受診し、口内環境の悪化を防ぐ「予防」の重要性が広く認識されるようになりました。

すでに歯科治療の先進国である欧米諸国では、歯科医院の主な役割が「治療」から「予防」へと変わりつつあります。

この「予防」による口の健康の維持・増進を実現可能とするシステムが「定期通院」です。

2.「定期通院」はどうして必要なの?

    

  

世界で一番予防歯科が進んでいるスウェーデンでは歯科の「定期通院」による受診率が90%以上です。他の先進諸国でも70%程度が普通です。
しかし、同じ先進国である日本では、驚くことに6%程度なのです。

欧米先進諸国では「定期通院」を取り入れることにより80歳の方で15~20本以上の歯を残すことが可能になりました。
それに比べ「定期通院」による受診率が低い日本では、8本と半分以下しか歯を残せてないのが現状です。

将来できるだけ多くの歯を残すためにも「定期通院」は必要です。

3.「定期通院」ってどんな効果があるの?

「むし歯や歯周病になってから歯科医院へ行った」のか
「むし歯や歯周病にならないために歯科医院へ行った」のかによって、
将来の残存歯数に違いが出ることも分っています。

画像の説明

定期通院」をしている方としていない方とでは、80歳になったときに約9本もの差がついています。
このことは「定期通院」によって、より多くの歯を残すことができるようになることを示唆しています。

このことからも「定期通院」の有用性がお分かりいただけると思います。

4.「定期通院」ってどんなことをするの?

口内環境をより健康な状態で維持するためには、ご自身での日々のお手入れと、「定期通院」による歯科医院でのチェックや専門的ケアを併用することが大切です。

画像の説明

定期通院」では、まず口内の状態を隅々までチェックします。
また、必要に応じて歯周病検査やレントゲン検査を行うこともあります。

次に「定期通院」で行うのは歯石除去やクリーニングです。
ご自身で行っている日々のブラッシングだけでは除去できない歯垢や歯石などの汚れを歯科医師や歯科衛生士が徹底的に除去します。

この汚れはバイオフィルムというバリアで囲まれていますので、通常のブラッシングだけで取りきることは困難です。
また、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯ぐきの隙間の部分が深い方では、歯ブラシが届かない部分もありますので、この歯周ポケット内の汚れも除去できていない方も多く見受けられます。

そのために、歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが不可欠なのです。

画像の説明

最後に、専門的な見地から最適なブラッシング法や歯間ブラシ等の補助器具の使用など、次回の受診までに必要な個別プログラムを策定します。
もちろん他に必要な治療があればすぐに行うことが可能です。

5.「定期通院」の間隔は3ヶ月

歯周病は慢性患であり、その進行に伴って歯を支える骨が溶けていく病気です。

最近では、歯を支える骨が溶けるのは急激に進行する時期(進行期)と、あまり進行しない時期(静止期)があることが分かってきました。
静止期から進行期に移行する前に、歯周病を悪化させる原因を取り去ってしまえば、それ以上病状を進行させないようにすることができます。
この期間は概ね3ヶ月間だといわれています。

画像の説明

従って、3ヶ月毎の「定期通院」をすることで、歯周病の進行を最小限にくい止め、健康な口内環境を維持することが出来ます。

しかも3ヶ月毎の「定期通院」では、むし歯をはじめとした他の口内の病気の早期発見・早期治療が可能となります。義歯を使用されている方も3カ月毎の手入れでより長く快適に使用することができるようになります。

6.「定期通院」って保険がきくの?

定期通院」で行われるすべての処置内容が保険適用です。

一部負担金は歯周病の進行度合い等にもよりますが約2,500円程度(3割負担の保険証をお持ちの方)です。3カ月に1回の通院が原則ですので、1か月あたり800円ほどの計算になります。症状が悪化してから治療を受けるよりも「定期通院」は少ない時間と費用で済むことになります。

下のグラフは、平均診療費の状況を、残存歯数別に比較したものです。残っている歯が多い人ほど、歯科・医科両方の診療費が低い傾向が示されています。より多くの歯が残っている方の方が、全身の健康状態も良好であると言えます。

画像の説明

定期通院」という先行投資をすることで、将来の健康でQOLの高い生活を手に入れることができ、医療費支出を低く抑えることができるようになります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional